股ずれを防止するパンツを選ぶ際の注意点

   

 

Aさん
股ずれ防止のパンツを買おうと思ってるんだけど、種類がいっぱいあって何がいいのかわかんない!

 

「股ずれ専用パンツ」って近所の衣料品店にしろ、通販にしろ、色々な種類があって困りますよね...

私自身、自分に合うパンツがなかなか見つからず、2社の股ずれ専用パンツを捨ててしまいました。(メーカー名は避けます)

 

今回は私の経験を含め、選ぶ際、最低限これだけに注意すればOKと思うものをまとめてみました!

 

吸水性のよいものを選ぶ

私の経験上、一番大切だと思うのが「吸水性のよさ」です!

夏は生足ですら、ふとももやお尻が汗ばむので、さらに股ずれ防止パンツを穿くとなれば、汗の量は増えます。

 

もし、吸水性の悪いパンツを穿けば、汗を吸ってくれないので、太もも周辺をベトベトにして過ごさなければなりません。

下に穿くパンツの種類としては、「綿」「混綿」「ポリエステル」などがありますが、水を弾きやすいポリエステルだけは絶対に避けてください!

 

商品に「吸水性に優れた....」「汗をよく吸ってくれる...」などのキャッチコピーがあるものを選ぶと安心です。

 

通気性のいいものを選ぶ

せっかく吸水性に優れたパンツを穿いても、通気性が良くないと乾きづらいです。

 

綿や混綿などの素材は通気性が良いといわれていますが、重要なのが「生地の厚さ」です。

私はまさにこれで失敗したのですが、パンツの生地が厚いものだと、通気性が悪くて全然乾いてくれませんでした...

 

通販で購入したため、厚さを確認できなかったことが原因です。

生地が厚いパンツは、冬の防寒対策としては使えますが、夏は地獄なので、できるだけ実店舗にいって手にとってみたほうがよさそうです。

 

サイズは大きめを選ぶ

サイズが小さかったり、ぴったりのものだと、パンツがどんどん上がっていきます。

これは座ったり、屈んだりすることにより、素材が引き上げられることが原因です。

 

もしサイズが大きめのものを穿いていれば、歩いているうちにパンツの位置を調整しやすいですが、小さめのもので密着しすぎていると下げて調節することができません。

 

Aさん
逆に大きいサイズだと、歩いてるうちに下がっていくんじゃないの?

 

このような心配もあるかと思いますが、股ずれ防止パンツのほとんどが伸縮性をもっているので、下がっていくというのはまず考えられません。

 

柄や色に気をつける

これは私が2枚目の股ずれ防止パンツを買った時に失敗したな~と感じたことです。

具体的なメーカーは口に出せませんが、股ずれ防止パンツの中には、水玉やストライプ柄がついているものが少なからずあります。

以前、「水玉柄かわいいな~」と思いながら買ってみたのですが、薄手のワンピースの下に穿いたとき、やや透けて見えてしまいました。

 

夏になると、素材の薄いスカートやパンツを穿くことが多くなると思います。

特に白のスカートは光に当たると透けやすいので、水玉やストライプの陰が浮き出てしまい、恥ずかしい思いをすることになります。

 

出っ張りのあるゴムは避ける

股ずれ防止パンツに出っ張りのあるゴムひもがあると、歩くや座る時に違和感を感じます。

またゴムひものラインが、スカートやズボンの上からでもくっきり見えてしまい、みっともない格好になってしまいます。

 

なのでゴムの部分の凹凸ができるだけ少ないものを選ぶようにしてください。

 

 - 未分類